気品のある甘さが特長の貴腐ワインの魅力とは!?オススメの7本と楽しみ方のコツ

コク甘の貴腐ワインの魅力とは?楽しみ方のコツとオススメの7本

すぐにワインをチェックしたい方はこちら

貴腐ワイン、それは蜜のように濃厚で甘美なデザートワイン。
ひとくち口に含むと、「えっ、これってワイン・・・?」、そんな衝撃を受けるほどに甘く、あなたのワインの常識は一瞬で変わることでしょう。

こんにちは。
美味しいワイン編集部の広江です。
私はこれまでいろいろなワインを飲んできましたが、最近のお気に入りは貴腐ワイン。

貴腐ワインとは、貴腐菌という特殊なカビを用いて、ブドウの甘さを極限まで引き出したワインのこと。
「貴腐」という言葉は、「高貴なる腐敗」という意味を表しています。
私は貴腐ワインを知ったことで、「甘さ」にもこんなに複雑で繊細な世界があるんだということを知りました。

貴腐ワインシャンパングラス

そして今、世界中のワイン通も貴腐ワインに魅了されているんです!

たとえば、2011年にイギリスで開催されたあるオークションでは、フランスの貴腐ワインが一本約1,000万円で落札されました。
その貴腐ワインは200年前のヴィンテージ。
高いワインは天井知らずといわれますが、こんな高額で落札されたワインがあるなんて初めて知りました・・・。
(その貴腐ワインは200年の時を経ても「飲める状態」で保存されていたとのことで、さらにビックリですよね・・・!)

そんな貴腐ワインは、実は、元々はある偶然から生まれたワインでした。

というわけで今回は貴腐ワイン特集!

今回は貴腐ワインの魅力や貴腐ワインが生まれた歴史、そして、楽しみ方のコツをご紹介します。
記事の後半では編集部オススメの貴腐ワインも紹介しています。

オススメの貴腐ワイン

まずは編集部オススメの3本をご覧ください。

編集部オススメの貴腐ワイン3選

ドメーヌ・デクスペール ソーテルヌ
飲みやすくエレガントな甘み『ドメーヌ・デクスペール ソーテルヌ』
価格:¥ 3,790(2018年12月6日 16:10時点のAmazonの価格)

編集部評価: 4.0

フルーティなブドウらしい香りに、アプリコットやハチミツのようなさわやかな甘みがあります。

登美 ノーブルドール
伊勢志摩サミットでも提供された国産貴腐ワイン『登美 ノーブルドール』
価格:¥ 27,200 (2018年12月6日 16:20時点のAmazonの価格)

編集部評価: 4.5

アプリコットやレーズン、香ばしいナッツの香りに、ハチミツやメープルシロップのようなとろりとした甘みが特長。

シャトー・ディケム
名実ともに貴腐ワインの最高峰『シャトー・ディケム』
価格:¥ 36,500 (2018年12月6日 16:30時点のAmazonの価格)

編集部評価: 4.5

穏やかな樽香に、深く濃厚な香りと花や、アプリコット、メープルシロップ、はちみつのような複雑な味わい。

貴腐ワインとは貴腐菌のついたブドウから造るコク甘のデザートワイン

貴腐ワインとは、貴腐菌という特殊なカビが付いて限界まで甘くなったブドウを使って造られたワイン。
独特な風味があり、主にデザートワインとして楽しまれています。

そんな貴腐ワインの特長は大きく分けて2つあります。

  1. 濃厚で複雑な甘さがある
  2. 手間がかかり希少性が高く、高価

それぞれの特長について、順に説明しますね。

【貴腐ワインの特長1】濃厚で複雑な甘さがある

貴腐ワインを飲んでみると、ビックリするのがその甘さ。
なぜそんな甘いのかというと、先ほどもお話したように限界まで甘くなったブドウを使って造るからなんです。

「限界まで甘くなったブドウってどういう意味?」
「ちょうどブドウが美味しく食べられるタイミングのものを収穫して使うってこと?」

なんて疑問に思いますよね。
でも、そういうわけじゃないんです。

貴腐ワインが甘くなる理由について、もう少し詳しくお伝えしますね。

貴腐ワインを造る場合、セミヨンやリースリングなどの白ブドウを使うのですが、一定の気候条件のもとだと、カビの一種である貴腐菌(ボトリティス・シネレア菌といいます)がつきます。
そして貴腐菌がつくと、そのブドウの皮に細かい穴があき、そこから水分が蒸発してブドウはひからびます。
貴腐菌は糖分を奪うことはないため、水分が蒸発したブドウの内部は糖分のみが凝縮されます。
そのため、レーズンのようにあまーいブドウになるというわけなんです。

下の写真は、貴腐菌が付き始めたブドウです。
ちなみに、貴腐菌のついたブドウを「貴腐ブドウ」または「貴腐果」と呼びます。

貴腐ブドウ
(画像はサントリーさんから許可をもらってお借りしています)

貴腐菌というカビは、全世界にいて、条件がそろえばほぼすべての植物につきます。
そして、植物の病気である「灰色カビ病」の原因となってしまいます。
つまり、貴腐ワイン用のブドウ以外の農作物に貴腐菌がついた場合、害にしかならないんです・・・。

「じゃあ貴腐ワインを造るための貴腐ブドウも、灰色カビ病なのでは?」と思いますよね。
その点は安心してください。
実は、貴腐ワインに使う貴腐ブドウは、貴腐菌以外の雑菌が繁殖しておらず、純粋に貴腐菌だけが繁殖しているというとっても特殊な状態のブドウだけを選びます。
それに、貴腐菌がついているのはブドウの皮の周辺なので、菌が付いた部分は取り除いて、実の内部だけをワイン造りに使うんです。
なので、もちろん飲んでも大丈夫なんですよ。

それでは、貴腐菌がいい具合についた貴腐ブドウの衝撃の画像をご覧ください。

貴腐ブドウ
(画像はサントリーさんから許可をもらってお借りしています)

この状態のブドウから美味しいワインが造られるなんて、ビックリしちゃいますよね。

【貴腐ワインの特長2】手間がかかり希少性が高く、高価

これまでのお話で、貴腐ワインを造るのって手間がかかりそうだな・・・と思った人がいるかもしれません。
まさにその通りなんです。

貴腐ワイン用のブドウが「貴腐ブドウ」になるためには、さまざまな条件が必要。
たとえば、昼は乾燥して夜は湿度がそこそこ高い、という気候が必要だったり、ブドウが完熟した状態で貴腐菌がつき、いい具合に貴腐菌が繁殖する必要があったり。
ただでさえ厳しい条件なのに、ちょっとした気候の変化によって、ブドウが腐ってしまったり、菌がうまく繁殖せず貴腐果にならなかったり、とっても難しいんです・・・!

さらに、「貴腐ブドウ」を貴腐ワインにする過程でも、とてつもない手間がかかります。
貴腐ブドウをワインにするためには、すべて手摘みし、実の内部だけを寄り分けなければなりません。
そのうえ、ブドウ自体がひからびた状態のため、1房のブドウからとれる果汁が通常より少なく、他のワインを造るときより多くのブドウが必要なんです。

言い換えると、1本のブドウの樹になるブドウからできるワインの量が、普通のワインに比べてとても少ないということなんです。

しかも、ブドウの出来はその年の気候にも大きく左右されるため、貴腐ワインを造れる年と造れない年の落差が激しく、生産量が不安定。
だから、どうしても希少性が高くなり、値段も高くなる傾向にあるんですよ。

白ワイン公爵

貴腐ワインの最高峰ともいわれるフランスの「シャトー・ディケム」は、「1本のブドウの樹からできるワインは、たったグラス1杯分」とわれるほど希少性が高いのさ。
シャトー・ディケムが特別すぎるというのもあるが・・・。

貴腐ワインの歴史と世界3大産地

「カビのついたブドウを使ってワインを造るなんて、ものすごい発見だ!」と思いますよね。
実は、貴腐ワインはたまたまできたものだったのです。

ということで、ここからは貴腐ワインができた歴史についてお話しします。

貴腐ワインは偶然の産物だった!

むかしむかし17世紀頃、ハンガリーのトカイという地方で、オスマン帝国の侵略がありました。
その侵略から逃れるため、村の住民はトカイから別の場所に避難しました。
そして、避難している間にワイン用のブドウの収穫時期が過ぎてしまいました。

避難から戻ったワインの造り手たちは「収穫時期が過ぎてしまったからといって、そのブドウを捨てるのはもったいない!」とあきらめきれず、そのブドウを使ってダメもとでワインを造りました。
すると、なんとも風味豊かな甘い極上のワインができたのです!

それが貴腐ワインのはじまりといわれています。
そのブドウには、偶然、貴腐菌がうまい具合に付いていたのですね。

そのときのワインの造り手たちが、もしブドウを捨てていたら貴腐ワインは誕生しなかったかもしれません・・・。
あきらめずにワインを造ってみてくれて良かった!!

ちなみに、ハンガリーのトカイ地方だけでなく、ドイツでも同じくらいの時期に収穫の遅れたブドウを使ってワインを造っていて、それも貴腐ワインの起源となったといわれています。

続いては、ハンガリーのトカイをはじめとする、貴腐ワインの世界3大産地をご紹介しましょう。

貴腐ワインの世界3大産地はハンガリー・フランス・ドイツ

貴腐ワインを造るため、白ブドウに貴腐菌だけがうまい具合につくという特殊な状態になるには、気候条件がカギといっても過言ではありません。

これから紹介する貴腐ワイン世界3大産地は、貴腐ワインを造るのに適した気候条件がそろう地域なんです。

貴腐ワイン世界3大産地

それぞれの地域ごとに紹介していきますね。

貴腐ワインの世界3大産地『ハンガリーのトカイ地方』

トカイ地方

さきほどお話ししたように、「トカイ」は貴腐ワインの起源といわれています。

トカイの貴腐ワインには、品質を守るための独自の規格があります。
その規格により、貴腐ブドウだけで造る貴腐ワインを「トカイ エッセンシア」、貴腐ブドウ以外のブドウも混ぜて造る貴腐ワインを「トカイ アスー」といいます。
「トカイ アスー」でも十分美味しいのですが、「トカイ エッセンシア」はさらに濃厚で複雑な甘みを感じることができます。

また、トカイの貴腐ワインには、過去に「プットニュ」という残糖度によるランク付けがありました。

このトカイワインの「6」は、6プットニョシュ(プットニュの複数形)を指しています。
数字は3~6まであり、数字が高いほど残糖度が高く甘くなっています。

貴腐ワインシャンパングラス

ただ、このランク付けは既に廃止になっていて、過去に造られたものだけが市場に残っている状態です。
なのでトカイワインの名前にこのような数字をみたら、「あ、残糖度のランク付けだな」くらいに思ってくださいね。

この記事でも、後ほど6プットニョシュの貴腐ワインを紹介します。

貴腐ワインの世界3大産地『フランスのソーテルヌ』

トカイ地方

フランスのボルド―地方の一角である「ソーテルヌ」は、世界最高の貴腐ワインの産地といっても過言ではありません。
ソーテルヌの貴腐ワインは、数十年という長期熟成に向く高品質な貴腐ワインが多いことで有名です。

そのトップに君臨するのが「シャトー・ディケム」。
なんと、この貴腐ワインは100年以上も飲める状態で熟成できるのです。

数年前にイギリスのオークションで、200年前のヴィンテージのシャトー・ディケムが1本約1,000万円で落札されました。
そんなプレミアがつくほど、その価値が認められているんですよ。

でも、安心してください!
ほかのソーテルヌの貴腐ワインには数千円から買えるものもたくさんあるので、ぜひ探してみてくださいね。
この記事でものちほど紹介します。

貴腐ワインの世界3大産地『ドイツのライン川流域』

ドイツ

ドイツの主な貴腐ワインの生産地は、ライン川流域です。

トカイやソーテルヌに続き、ドイツの貴腐ワインの産地といえば「トロッケンベーレンアウスレーゼ」と聞いたことがあるかもしれませんが、実はこの「トロッケンベーレンアウスレーゼ」って地方の名前じゃないんです。

トロッケンベーレンアウスレーゼとは、ドイツのワイン法で決められた格付けのうちのひとつで、甘口ワインの最高ランクを表します。
というのも、ドイツの格付けでは、ワインを造るときのブドウ果汁の糖度によるランク付けがあるんです。

ドイツに限ったことではないですが、格付けの仕組みはとっても難しいので、今回はこのへんにしておきますね^^

日本にも高品質な貴腐ワインがある!

貴腐ワインは、もちろん世界3大産地以外でも造られていて、なんと日本産の貴腐ワインもあるんです。
その代表が、山梨県のサントリー登美の丘ワイナリーの貴腐ワイン

ワイナリー
↑登美の丘ワイナリーの自社畑(サントリーさんから転載許可をいただきました)

登美の丘ワイナリーの貴腐ワインは、1978年に日本で初めて発売された貴腐ワイン。
以来、技術の発達と生産者の努力により、今ではとても高品質なものがあります。

日本は湿度が高いため、ヨーロッパと比べると、貴腐ブドウを育てることや貴腐ワインの醸造がとっても難しいんです。
そのため、気候に恵まれて、いいブドウが採れた年にしか造れないので、すごーく貴重なんですよ。

白ワイン公爵

ちなみに山梨の他のワイナリーや、北海道のワイナリーでも貴腐ワインを造っているのさ。

貴腐ワインを美味しく飲むためのコツ3つ

貴腐ワインは、濃厚な甘みがあるため、基本的に食後酒(デザートワイン)として少量だけ楽しむのが一般的。
食後酒を飲み慣れていない人は、「どうやって飲んだらいいの?」なんて疑問に思っちゃいますよね。

ということで、ここからは、貴腐ワインを最高に美味しく飲むためのコツを3つご紹介します。

貴腐ワインの飲み方3つ

  1. 冷蔵庫でよく冷やして飲む
  2. そのままでも美味しいけど極上のマリアージュを楽しむ
  3. 抜栓から数週間はもつのでちびちび飲む

それぞれ詳しく説明していきますね。

1、冷蔵庫でよく冷やして飲む

貴腐ワインは飲む数時間前には冷蔵庫に入れて、よく冷やして飲むのがベター
そうすると貴腐ワイン独特の甘さをすっきりと楽しむことができます。

それに、グラスに少量を注いでちびちび飲むうちに、グラスの中のワインの温度が上がり、徐々に香りがよくなるのも楽しみ方のひとつ。
温度が上がると、ワインの違った表情を楽しむこともできちゃいますよ。

2、そのままでも美味しいけど極上のマリアージュを楽しむ

白ワインつまみ

貴腐ワインはそれだけで飲んでも至福の時間を味わえます。

でも、貴腐ワインの甘みはただ甘いだけでなく、複雑な旨味がたっぷり。
そのため、合わせるおつまみや料理によって、そのまま飲むのとは全然違うワインに感じられる、マリアージュに出会うこともあるのです。

ワインに合わせるおつまみや料理の基本に、「味の方向性を合わせること」「正反対のものを合わせること」というのがあります。
こちらのワインの基本についての記事でも紹介しています)

貴腐ワインの場合は、甘いもの(スイーツやフルーツなど)や、その反対に、塩辛いものや辛いものに合わせることができます。
具体的にはイチジクなどのドライフルーツ、チョコレート、ブルーチーズです。
スーパーやコンビニにある一般的なクリームチーズも相性がバッチリですよ!

白ワイン公爵

意外な組み合わせとして、「梅干し」「おかき」「わさび味の柿の種」「カレー」「スパイシーなアジアン料理」などがあるのさ。

さらには、バニラアイスに貴腐ワインを垂らしていただくという、セレブなマリアージュも!


美味しいワイン編集部でもやってみましたが最高すぎました・・・!

貴腐ワインによっても味わいが違うので、「こんなものでも合うかな?」と試してみると、あなただけのマリアージュを発見できるかもしれませんよ。

3、抜栓から数週間はもつのでちびちび飲む

普通のワインは、一度抜栓すると美味しく飲めるのは数日。
ですが、貴腐ワインは冷蔵庫に保管しておくことで抜栓して2週間から1か月くらいは美味しく飲めるんです。
貴腐ワインは高価ですし、日本酒のようにちびちび飲みたいのでちょうどいいですよね^^

なぜそんなに長く保存できるかというと、糖度が高いため普通のワインより酸化による劣化スピードが遅いからなんです。

ちなみに、抜栓してから冷蔵庫に入れるときは、抜いたコルクを差し直してもいいですが、できるだけワインストッパーを使うことををオススメします!

「真空ポンプ」と「ワインストッパー」

ワインストッパーを使うと、専用のポンプで空気を抜いて瓶内を真空に近づけることで、より酸化するスピードを抑えることができます。
普通のワインにも使えますし、2,000円くらいで買えて繰り返しずっと使えるので、ひとつあると便利ですよ。

美味しいワイン編集部おすすめの貴腐ワイン7選

お待たせしました。
最後に美味しいワイン編集部おすすめの貴腐ワインを7本紹介します。

世界3大産地だけでなく、日本やほかの国の貴腐ワインもピックアップしているので、ぜひぜひチェックしてくださいね!

1、名実ともに貴腐ワインの最高峰『シャトー・ディケム』

 シャトー・ディケム[1999]

シャトー・ディケム

  • 価格:36,500 (2018年11月26日 15:50時点のAmazonの価格)
  • 編集部評価:4.5

1本のブドウの樹からたったグラス1杯のワインしかつくらないと言われる、貴腐ワインの最高峰。
超人気ワイン漫画、神の雫にも登場します。
穏やかな樽香に、深く濃厚な香りと花や、アプリコット、メープルシロップ、はちみつのような複雑な味わいが特長。
ほんの少し飲んだだけでも、長い余韻がふわーっと続き、甘美な時間をもたらします。
バニラアイスに垂らし、とことん贅沢に味わうのもオススメ!

2、伊勢志摩サミットでも提供された国産貴腐ワイン『登美 ノーブルドール』

サントリー 登美の丘ワイナリー 登美 ノーブルドール

登美の丘ワイナリー 登美 ノーブルドール

  • 価格:27,200(2018年11月26日 16:00時点のAmazonの価格)
  • 編集部評価:4.5

伊勢志摩サミットで提供され、世界にその高い品質の評判が広まった、国産の貴腐ワイン。
ボトルを開けた瞬間から、アプリコットやレーズンなどの濃厚な果実や香ばしいナッツの香りが立ち上ります。
上品な口当たりで、ごくごく少量でも、ハチミツや綿菓子、メープルシロップのような甘みが感じられます。
じんわりと奥歯に染みわたり、ゆったりとした余韻が続きます。

3、イタリアの小さな村から生まれた『マクラン アチニノービリ』

マクラン アチニノービリ

マクラン アチニノービリ

  • 価格:17,363(2018年11月26日 16:00時点のAmazonの価格)
  • 編集部評価:4.0

澄んだ琥珀色をしたイタリアの貴腐ワイン。
貴腐ワインの世界3大産地の中には入っていませんが、その品質はソーテルヌにも匹敵すると評判のワインです。
ハチミツやドライマンゴーのような甘い香り、焼いたパンやカラメルのような香ばしい甘みがあります。
鼻に抜けるような樽のスモーキーさも魅力。
飲んだあともパワフルな余韻がひしひしと長く残ります。

4、メープルシロップのようなかぐわしさ『トカイ・クラシック』

トカイ・クラシック 6プット

トカイ・クラシック 6プットニョシュ

  • 価格:12,960(2018年11月26日 16:10時点のAmazonの価格)
  • 編集部評価:4.0

世界三大貴腐ワインの一つ、「トカイ」のワイン。
その昔ルイ14世は献上されたトカイワインを「ワインの王にして、王のワインである」と絶賛したと伝えられています。
赤みのかかった琥珀色が特長。
熟したリンゴやハチミツのような甘い香りに、果実の優しい酸味とコクのある甘みのバランスが最高です。
イチジクやレーズンなどコクのあるドライフルーツと特に相性がいいです。
上でもお話ししたように、この貴腐ワインは残糖度のランク付けの中では「6プットニョシュ」で高いランクです。

5、飲みやすくエレガントな甘み『ドメーヌ・デクスペール ソーテルヌ』

ドメーヌ・デクスペール ソーテルヌ

ドメーヌ・デクスペール ソーテルヌ

  • 価格:3,790(2018年11月26日 16:10時点のAmazonの価格)
  • 編集部評価:4.0

貴腐ワインの世界3大産地のひとつフランス ソーテルヌ地方のワイン。
貴腐ワインとしては比較的軽やかな口当たりで、まるでバレエのようにエレガント。
フルーティなブドウらしい香りに、アプリコットやハチミツのような甘みがあります。
余韻は爽やかですっきりしています。

6、フルーティーでふんわりした甘み『ゲゼルマン トロッケンベーレンアウスレーゼ』

ゲゼルマン トロッケンベーレン アウスレーゼ

ゲゼルマン トロッケンベーレンアウスレーゼ

  • 価格:5,299(2018年11月26日 16:20時点のAmazonの価格)
  • 編集部評価:3.5

ハンガリー国境沿いのオーストリア東部にあるワイナリーで造られた貴腐ワイン。
桃のようなフルーティな香り、ほのかに樽のスモーキーな香りがあります。
さらさらとした軽やかな舌ざわりで、ケーキを食べた後のようなふんわりとした甘みが広がります。
さわやかな余韻があります。

7、豊かな甘みと酸味のチリのデザートワイン『サンタアリシア レイト・ハーベスト』

サンタアリシア レイト・ハーベスト

サンタアリシア レイト・ハーベスト

  • 価格:1,580(2018年11月26日 16:20時点のAmazonの価格)
  • 編集部評価:4.5

1,500円前後と手頃な価格のチリのデザートワイン。
マスカットやマンゴー、花のような香りがあり、フルーティーな酸味と甘みが絡み合う絶妙な味わい。
このワインは貴腐ブドウを使っていますが、レイトハーベスト(遅摘みという意味)とボトルに記載があるように貴腐ワインと言い切るには微妙なところ。
ですが、デザートワインの入門編としてはぜひ試してほしい、豊かな甘味が特長です。

さいごに

いかがですか。
貴腐ワインを飲みたい気分になってきたでしょうか。

おまけとして、貴腐ワインとよく混同されやすい「アイスワイン」について触れておきますね。

アイスワインも貴腐ワインと同じ、コク甘のデザートワイン。
ですが、造り方は全然違います。

貴腐ワインは貴腐ブドウを使うのに対し、アイスワインは樹になったまま完熟して寒さで凍ったブドウを使います。
というのも、もともと寒い地域でブドウを栽培し、真冬になるまでブドウを収穫せずじっくりと熟すのを待ち、そのうち寒さで凍ってしまったブドウを手摘みします。
(太陽の出る日中は氷が溶けるので、なんと夜明けに収穫するんです・・・!)

熟した上に水分が抜けて甘みが凝縮したブドウを使う、というところは同じなのですが、使うブドウが全然違うのですね。
違いはざっくりいうと、貴腐ワインは芳酵な香りと甘さをもつのに対し、アイスワインには甘みとさわやかな酸味があります。

ちなみに、アイスワインはドイツ、カナダ、オーストリアの特定の地域で造られたもののみ、「アイスワイン」という名称をつけることが法律で許されています。
フランスのシャンパンやスペインのカヴァと同じですね。

今回は、貴腐ワインとアイスワインは別の造り方、ということだけ覚えてくださいね。
アイスワインにも、もっといろいろなストーリーがありますので、それはまた次の機会に!

お相手は美味しいワイン編集部の広江でした。
See you!

この記事を監修してくれたワイン博士

柳原亮
柳原亮

(一社)日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ
(一社)日本ワイン協会認定 日本ワインマスター
NPO法人チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル
(一社)日本ソムリエ協会主催の第9回(2013年)全国ワインアドバイザー選手権大会準優勝
サントリーワインインターナショナル(株)スペシャリスト

年間3,000種類超のワインをテイスティングし、お小遣いのすべてをワインに投じる徹底したワイン愛好家。
好きなワインは、酸味のある白と軽い赤。
ヤギ乳製チーズをこよなく愛し、通称"ヤギ原"とも呼ばれる。

TOPへ