シャンパンとスパークリングワインの違いを知ろう!コスパ抜群の美味しいスパークリングワイン 8選

コスパ抜群!パーティやお祝いの場がもっと華やかになる!美味しいスパークリングワインまとめ

すぐにワインをチェックしたい方はこちら

シュワシュワ~!という泡の音とともに「乾杯!」の掛け声。
皆のグラスには、きらめく泡とともに、かぐわしいワインの香りが。
ああリッチでエレガント!その正体は・・・そう、スパークリングワイン!

伊藤(ノーマル)

こんにちは!
パーティーに呼ばれれば西へ東へ、お呼ばれ大歓迎!の「美味しいワイン」編集部の伊藤です!

この「美味しいワイン」も今回で4記事目。
難しいと思われがちなワインの知識をもっとカジュアルに伝えていきたい、その思いで始まったこのサイトですが、ワインに関する知識は少しずつ深まってきましたか?

さて、今回は、スパークリングワイン特集です!

乾杯

スパークリングワインとは炭酸を含んだ発泡性のワイン。
シュワシュワ~!とした泡がパーティーを華やかに彩るだけでなく、料理の美味しさを引き出し、たくさんの人を笑顔にする、まさにお祝い事にふさわしいワインです。
ワインが苦手でも「スパークリングワインなら飲める!」という人は多いですよね。

とくに、シャンパンはお祝いの定番。
栓を開けるときの「ポンッ!」という威勢のいい音と、白い煙とともにわき上がるワインの香りで、一気に場が盛り上がります。

今回はそんなシャンパンをはじめ、パーティーやお祝い事にぜひ用意したい、お手頃価格で美味しいスパークリングワインを集めてみました。

スパークリングワインがあるだけで食卓がグンと華やかになりますよ(^ ^)

シャンパンとほかのスパークリングワインの違いは?

スパークリングワインの話をする上で、絶対に欠かせない話があります。
それは・・・シャンパンとほかのスパークリングワインの違いです。

「炭酸のワイン=シャンパン」だと思っていたり、スパークリングワインとシャンパンは同じだと思っている人がいるかもしれません。
でも実は、シャンパンと一般的なスパークリングワインは別物なんです!
シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で作られる特別なスパークリングワインのこと。

フランス、シャンパーニュ地方の場所

シャンパーニュ地方はブドウ栽培に適した気候と大地があり、高品質なブドウを安定的につくれる場所として有名なんですが、シャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインの中でも、シャンパンと名乗れるスパークリングワインは一握り。

「ワイン法」という法律の中で定められたシャンパンの基準を満たしたスパークリングワインのみが、シャンパンと名乗れます。
その基準には、シャンパンの製造方法、使用するブドウの種類や生産地など、たくさんの項目があり、それぞれの基準をクリアしなければならないのです。

フランスでは、こうした厳しい基準でつくられるシャンパンの権威を守るために、審査により認められたシャンパン以外(ワインだけでなくその他の食べ物でさえ)、「シャンパーニュ産」や「シャンパーニュ」と記載することを法律で禁じているほど。
とっても由緒あるワインなんですね。

ロゼ・モアゼル

実はスイスにもシャンパーニュっていう同じ名前のすごく小さな村があるの。
その村の村長さんが、パン屋のオーナーだったんだけど、自分で作ったビスケットに「シャンパーニュ産」と表記していたところ、なんと、フランスの裁判所から怒られちゃったの・・・!
フランスのシャンパン以外に「シャンパーニュ産」と記載するのは法律違反なので即刻やめるように!って。
この一件はいろいろと物議をかもしたんだけど、それくらいシャンパンのブランドって大事に守られているのね。
(参考:AFP通信 AFPBroadBand News

さて、そんなシャンパンといえば、有名なのが「モエ・エ・シャンドン」。
年間の出荷量は3,000万本(!)ともいわれ、どんなワインコーナーにもほぼ確実に置いてある有名なワインです。

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル

なぜほぼ確実に置いてあるかというと、世界中にファンがいるくらい安定した美味しさを誇るからなんですが、その美味しさの秘密も、先ほどの品質管理の話を知ればわかってきますよね。

というわけで、「スパークリングワインとシャンパンって同じでは?」と思っている人は、厳密には間違いであるということを知っておいてください。
日本ではスパークリングワインの代名詞のように親しみのあるシャンパンですが、実はフランスのワイン作りの伝統と品質を守り、ものすごく手間暇掛けて作られた特別なスパークリングワインだったんです。

伊藤(ノーマル)

シャンパンがほかのワインよりも高価なのは、手間暇かかっているからこそなんですね!

白ワイン公爵

ちなみに、シャンパンはワインのラベルに必ず「CHAMPAGNE(シャンパーニュ)」と表記されているのでチェックしてみるといいよ。

シャンパーニュのラベル

シャンパンのほかにも美味しいスパークリングワインはたくさんある!

先ほどの話で、シャンパンはスパークリングワインの王様!であることがおわかりいただけたと思いますが、実は、シャンパン以外のスパークリングワインにも美味しいものはたくさんあります。
中には「こんなに安いのに、これほど美味しいなんて!」と驚くようなワインもあるんです。

赤ワインや白ワインと同様、スパークリングワインもいろいろな国の各地域でつくられています。
生産地が違えば値段もさまざま。
たとえば、1,000円~2,000円前後ぐらいの手頃な価格のものもあります。

ちなみに、スパークリングワインって国によって呼び方が違うって知ってました?
イタリアでは「スプマンテ」、スペインでは「エスプモーソ」、ドイツでは「シャウムヴァイン」という言葉がスパークリングワインを指します。

そして、その中でさらに細かく種類がわかれています。
たとえば「プロセッコ」「カヴァ」「ゼクト」のように。

スパークリングワインの総称 さらに細かい種類の例
イタリア スプマンテ(Spumante) プロセッコ
スペイン エスプモーソ(Espumoso) カヴァ
ドイツ シャウムヴァイン(Schaumwein) ゼクト
伊藤(ノーマル)

たとえば、最近よく聞く「カヴァ」という言葉はスペインのスパークリングワインの一種を指します。
人気のスパークリングワイン「フレシネ」などがカヴァ。
フレシネはスペイン産のスパークリングワインなんですね!

それでは以下より、「美味しいワイン」編集部が胸を張ってオススメする、コスパ抜群のスパークリングワインを紹介していきます!
白ワイン、ロゼワイン、赤ワイン、それぞれのスパークリングワインを選びました。
どれもとっても美味しいですよ~!
パーティーだけでなく、日々の食事にもぜひ試してみてくださいね。

白のスパークリングワイン 6選

フレシネ コルドン ネグロ

フレシネ

フレシネ コルドン・ネグロ 750ml [スペイン/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

  • 価格:¥1,485
  • 評価:4.5

スペインのスパークリングワインの一種類「カヴァ」。
レモンやシトラスといった柑橘系のスッキリとした香りがします。
泡立ちはとてもきめ細やかでクリーミー、辛口でキレのある酸味が特徴です。
このフレシネのよさは、クセが少なく、どんな料理にも合わせやすいこと。
洋食の前菜からメインのどの料理とも相性がいいです。
写真ではフライと合わせていますが、アッサリとした和食にも付き合ってくれます。
高品質な上に1,000円台と手頃な価格なので、普段スパークリングワインを飲まない方にもぜひオススメしたい1本です。

※価格と評価は、2017年3月28日現在のAmazonの情報を引用しています。

サンテロ 天使のアスティ

サンテロ天使のアスティー

サンテロ 天使のアスティ 750ml [イタリア/スパークリングワイン/甘口/ミディアムボディ/1本]

  • 価格:¥1,560
  • 評価:4.6

イタリアのスパークリングワインのひとつ「アスティ・スプマンテ」です。
マスカットや春の花畑のような甘い香りがフワッとします。
口に含むと、蜂蜜のような濃厚な甘さと程よい炭酸が口の中に広がります。
写真でケーキを合わせているように、料理よりも、スイーツやドライフルーツとの相性がいいです。
また、いつも冷蔵庫にあるようなシンプルなクリームチーズも、このワインと食べると、チーズ特有の匂いが消えてなんとも言えず美味しく感じるんです。
ぜひ試してみてください(^ ^)

※価格と評価は、2017年3月28日現在のAmazonの情報を引用しています。

ドメーヌ・ジ・ロレンス クレマン・ド・リムー レ・グレムノス

ドメーヌ・ジ・ロレンス クレマン・ド・リムー レ・グレムノス

ドメーヌ・ジ・ロレンス クレマン・ド・リムー レ・グレムノス [NV] 白 750ml -フランスワイン-

  • 価格:¥2,290
  • 評価:4.0

桃やリンゴの甘い香り、柑橘系のサッパリした香りが複雑に混ざっているのが特徴です。
クリーミーな泡で口当たりはまろやかですが、実は辛口。
魚料理にも肉料理にもどちらにも合い、上の写真のようにオードブルなど軽めの料理にもよく合います。
酢飯と相性がいいので、お祝いの席でお寿司をとる場面でも活躍してくれます。

※価格と評価は、2017年3月28日現在のAmazonの情報を引用しています。

ヴィッラ サンディ プロセッコ DOC

ヴィッラ サンディ プロセッコ

ヴィッラ サンディ プロセッコ DOC 750ml [イタリア/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

  • 価格:¥1,602
  • 評価:4.4

イタリアのスパークリングワインのひとつ「プロセッコ」です。
炭酸が印象的でさわやかな飲み口です。
青りんごやシトラス系のフルーティな香りがします。
また、クリーミーな泡で口当たりはやわらかです。
魚や生ハム、カルパッチョなどの前菜によく合います。
暑い日にキーンとよく冷やして飲むと最高に美味しいです。

※価格と評価は、2017年3月28日現在のAmazonの情報を引用しています。

フランチャコルタ・アルマ・キュヴェ・ブリュット

フランチャコルタ・アルマ・キュヴェ・ブリュット[ボックス付] / ベラヴィスタ / イタリア ロンバルディア/ 750ml / スパークリングワイン

  • 価格:¥3,980
  • 評価:4.0

洋ナシやバニラのような、甘く華やかな香りがします。
味わいはスッキリとして甘みと酸味のバランスがよく、どんな料理にも合わせやすいです。
オリーブオイルを使ったイタリア料理に合います。
写真のように、天ぷらやお寿司などの和食との相性もバツグンです。

※価格と評価は、2017年3月28日現在のAmazonの情報を引用しています。

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル ギフトボックス入り 750ml [フランス/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

  • 価格:¥4,854
  • 評価:4.1

年間の出荷量は3000万本(!)ともいわれ、世界中にファンを抱える超有名シャンパン。
どんなワインコーナーにもほぼ確実に置いてあるスパークリングワインです。

味わいはスッキリとフレッシュなフルーティーさがあり、洋梨のような甘みをほのかに感じられます。
上品で飲みやすく、きめ細やかな炭酸の泡がプチプチと心地よいです。
料理だけでなく、デザートやフルーツなどにも合う万能さも人気の理由のひとつ。
上記の写真はフルーツカップに合わせてみました。
箱もしっかりとギフト感があるので、イベント時のギフトにも最適です。

※価格と評価は、2017年3月28日現在のAmazonの情報を引用しています。

ロゼのスパークリングワイン 1選

ガンチア ロゼ スプマンテ

ガンチア ロゼ スプマンテ

ガンチア ロゼ スプマンテ 750ml [イタリア/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

  • 価格:¥1,889
  • 評価:4.2

オレンジがかったピンクが透き通った、琥珀のような美しい色で、食卓が一気に華やかになります。
バニラの香りがするというクチコミが多いのですが、本当にバニラエッセンスの濃厚な甘い香りがします。
香りのわりに辛口で爽やかな口当たりで、軽めの前菜や、ジューシーな肉料理にも合います。

※価格と評価は、2017年3月28日現在のAmazonの情報を引用しています。

赤のスパークリングワイン 1選

蒼龍葡萄酒 酸化防止剤無添加 スパークリング マディコンコード

葡萄酒マディコンコード

蒼龍葡萄酒 酸化防止剤無添加 スパークリング マディコンコード 750ml [日本/スパークリングワイン/甘口/フルボディ/1本]

  • 価格:¥1,437
  • 評価:4.8

日本の山梨県で造られたスパークリングワインです。
完熟したブドウの甘い香りが特徴です。
また、味も甘口で口当たりがいい上に、赤ワインらしい渋みはほとんどなく大変飲みやすいのですが、アルコールは11%とわりと高いのでご注意。
写真でも合わせているように、甘いソースのローストビーフや、肉じゃがなどの甘辛く濃いめの味の料理とよく合います。

※価格と評価は、2017年3月28日現在のAmazonの情報を引用しています。

食事中にスパークリングワインを最高の状態でキープできるすごいグッズ!「かぶせるワインクーラー」

伊藤(ノーマル)

ここで、私が最近見つけて感動した、あるワイングッズを紹介しておきます! その名もかぶせるワインクーラー

cool001.jpg

スパークリングワインが一番美味しい瞬間は、キンと冷やした状態のものを飲むとき。
ただ、一度ワインを開けてしまうと、テーブルに置いたままだとだんだんぬるくなってしまいます。
とはいえ、注ぐたびに毎度冷蔵庫に入れるのは面倒。
バケツタイプのワインクーラーを使う方法もありますが、水や氷が必要で、ワインを浸けて置いておくうちに、水滴がバケツのまわりについてテーブルクロスがボトボトになったりもします・・・。

そんな問題を一挙に解決してくれるのが、このワインクーラー!

冷凍庫で冷やすだけで使えて、ちょっと冷やしておけば、2時間ぐらいはワインをキンキンに保ってくれます。

食卓を邪魔しないオシャレ感もあり、値段も手頃。
一度買えば繰り返しずーっと使えるアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに、写真のワインクーラーはブラックですが、シャンパンカラーの違うデザインのものあります。

スマートに開けよう!スパークリングワインの開け方のコツ

いかがでしたか?
スパークリングワインって、ほんと美味しいですよね。
私もこの記事を書きながら、フレシネを開けたくなってきました・・・(笑)
(実はフレシネが大好きなんです)

そんなこんなで、今回の記事もこれにて終わりなのですが、最後にひとつだけ紹介しておきたいノウハウがあります。
そのノウハウとは、スパークリングワインの開け方のコツ。

スパークリングワインのコルクを開けたとき、「ポンッ!」とコルクが吹っ飛び、中のワインがあふれ出して、ワインの量が半分ぐらいになってしまった・・・!という経験はありませんか?
また、コルクを開けなくても、コルクを押さえている針金をゆるめた際、突然コルクが勝手に抜き飛んで中身があふれるなんて場合もあります。(おそろしい・・・)

もし、ワインがこぼれてカーペットを水浸しにしてしまったら大変ですよね。
なので、そうならないよう、スパークリングワインの開け方のコツをお教えしておきます!

■スパークリングワインの開け方のコツ

  1. フタ周りの包装をはがす

    open01.jpg

  2. タオルをかけてフタを親指で押さえながら、針金をゆるめる

    open02.jpg

  3. タオルの上からコルクを持ち、ひねるようにしてビンの底をまわす

    open03.jpg

  4. 「シュッ」と音をたてないように開栓!

    open04.jpg

スパークリングワインを開けるときは、タオルを使うことがポイントです。
タオルを使えば、コルクをひねり開けるときのすべり止めにもなるし、万が一ワインがあふれ出しても安心なんです。


今回紹介したスパークリングワインを飲みつつ、スパークリングワインを楽しむノウハウを使って、楽しい食卓を演出してくださいね。

また次回お会いしましょう!
「美味しいワイン」編集部の伊藤でした!

この記事を監修してくれたワイン博士

柳原亮
柳原亮

(一社)日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ
(一社)日本ワイン協会認定 日本ワインマスター
NPO法人チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル
(一社)日本ソムリエ協会主催の第9回(2013年)全国ワインアドバイザー選手権大会準優勝

年間3,000種類超のワインをテイスティングし、お小遣いのすべてをワインに投じる徹底したワイン愛好家。
好きなワインは、酸味のある白と軽い赤。
ヤギ乳製チーズをこよなく愛し、通称"ヤギ原"とも呼ばれる。

TOPへ